君は知っているか!SDガンダムフルカラー劇場!【書籍・レビュー】

DSC_1841.jpg


かつてコミックボンボンを読んで育ったアラサーぐらいの人間なら大体知ってるんじゃなかろうか!
な、今も色あせないSDガンダム漫画の金字塔!それが『SDガンダムフルカラー劇場』である!

まず『SDガンダムフルカラー』というガシャポンフィギュアシリーズがあり、それのコミカライズとして始まった作品です。なのでフルカラーってタイトルなのに白黒やんけというツッコミは野暮
そのため、登場するMSに関しては概ねガシャポンのラインナップに準拠している形に。

1997年から始まり、終盤はボンボンの廃刊などもあって雑誌移籍したりもしましたが、最終的に2009年まで続きなんと足掛け12年。
大体00のセカンドシーズンぐらいまでの時期ですね。
SDガンダムどころかガンダム漫画全体でも屈指の長期連載作品であることでも有名です。
途中まで読んでたけど最後の方は…って人も多いんじゃないでしょうか。
エクシアとかダブルオーとかも出てます。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、そんなこの漫画がつい最近新装版としてリリースされています。
2016年10月~12月に、全三巻が発売され、新規描き下ろしの楽屋裏4コマも収録されました。

新装版 SDガンダムフルカラー劇場 春やすみ (KCデラックス) [ あずま 勇輝 ]

価格:1,458円
(2017/12/29 01:07時点)

SDガンダムフルカラー劇場夏やすみ 新装版

価格:1,458円
(2017/12/29 01:08時点)

新装版 SDガンダムフルカラー劇場 冬やすみ (KCデラックス) [ あずま 勇輝 ]

価格:1,458円
(2017/12/29 01:08時点)

【在庫あり/即出荷可】【新品】新装版 SDガンダムフルカラー劇場 (1-3巻 全巻) 全巻セット

価格:4,374円
(2017/12/29 01:08時点)



今から買うならコレ!もう単行本全巻持ってる?そんなことは関係ない買っちまいなッ!!
描き下ろし4コマやあずま先生のキャラ別コメント(一巻のオマケなので主に前半のキャラに限られますが)で値段分の元は取れると言っても過言ではないです!多分!
2巻にあたる「夏やすみ」には夏らしい描き下ろしピンナップも収録!
web版や単行本のカバー裏のおまけ漫画などもくまなく網羅されており、まさしく決定版な内容となっております。


さあ興味あるけど読んだことないという方や、昔読んだけどうろ覚えという方のために…すみません自分が語りたいだけです。

上の画像のオビにもあるように、SDサイズにデフォルメされたMSたちが繰り広げるドタバタほのぼのギャグ4コマ!
最初の方は敵味方分かれ原作を意識した形で進行してましたが、連載を重ねるにつれてだんだんそのゆるさにターボがかかっていきます。
Zガンダム編や逆シャア編を経ての新キャラ登場ラッシュで多キャラ入り乱れての作風が確立。

女性作者らしいかわいい絵柄が特徴ですが、ただかわいいだけの漫画で終わっていないのが、今に至るまでの人気の秘訣と言えるでしょう。

れんぽーのガンダムとじおんのシャアザクの二人が中心となり、時にハチャメチャ、時に毒のある展開やオチも交えつつ、パワーのあるフリーダムガンダムな作風で突っ走った作品でした。


そしてこの漫画を象徴する存在が何と言ってもこの、

DSC_1845.jpg 

ガンタンク。
上のコマはこの漫画における記念すべき第一射。
最強にして最凶っぷりは1話から既に確立されていました。
初期は腹黒っぽいところもありましたが、連載が続くに連れて無邪気な砲撃大好きっ子のキャラが定着していきます。作者も認めるオチ要員。

マスターガンダムと友達
という衝撃的すぎる交友関係を持つ。
ガンタンクがここまで目立ってる作品もそうはないんじゃないかなぁ…

とにかく連載期間が長かっただけあってキャラが多い!
そしてどいつもこいつも個性的!
メインキャラに絞ってもとてもじゃありませんが紹介しきれないので、推しキャラオンリーでいきたいと思います。

Alex.jpg

エントリーナンバー1番、アレックスちゃん
個人的にこの娘は外せない!
「ガンダムの妹」という中々に攻めた設定のキャラ。
しかし実のところ実の妹的キャラというわけではなく、れんぽーのオペレーターとして配属された回のラストで

「私って(型式番号的に)ガンダムさんの妹だろうから、これからはおにいさんって呼んでいいですか?」

という感じの恐ろしくゆるい流れでガンダムの妹としてレギュラー化を果たしたのです。

つまり「押しかけ妹(作者談)」という、今見ても結構に尖った設定のキャラだったりします。
割と天然な可愛い妹でありつつ、兄と慕うガンダムに対しても丁寧語で接する常識人的な面を併せ持つなど、普通の漫画のキャラだったら狙いすぎと言われてもおかしくないであろう娘さん。
また作中で発揮される機会は少なかったものの、日頃の巨大雪だるま作りによる隠れたパワーキャラでもあり、結構な属性過多

なおどうでもいい情報としましては、アレックスちゃんの初登場はコミックボンボン2000年8月号で、それは奇しくもシスタープリンセスが妹ブームを巻き起こしていた時期と大体同じ頃という…
※多分偶然です

根っからの妹キャラではないという上記のような経緯から、上画像のように「妹らしくしようと頑張る」場面もたまに見られ、あずま先生のキャラクター造形力のハイレベルさを思い知ることができる女の子です。

そしてもう一つ着目したいのが「ガンダムとほとんど同じ顔である」ということ。
いや元ネタ的に当たり前やんけという声が聞こえてきそうですが、主人公とその妹(実質ヒロイン)が同じ顔してるって結構すごいことだと思うんですよ。
それでいてちゃんと自然に兄と妹だと認識できるという。
あずま先生のデフォルメデザインのすごさや、SDガンダムにおける「目」の重要さを実感できる好例だと思います。かわいい。




DSC_1858.jpg

エントリーナンバー2番、ザクウォーリア!
また女の子か!またです!
いきなりえらい脇キャラに行きましたが好きなんですもの!
メタスちゃんと並ぶモノアイ女子!

ザクを可愛く描くのはこうするんじゃあ!と言わんばかりの小動物的ザクで、本人にスポットこそあまり当たらないものの、インパルス(デスティニー)と一緒にいることが多いので地味に出番はあったりします。地味に。
インパルス(デスティニー)の同僚で、人付き合いの下手な彼を見守ったり背中を押し(文字通り)たりする姉のような存在でもあります。
もう個性的な面子が多すぎて、クセのない性格がかえって癒やし系。

ポジション的には完全にルナマリアのザクウォーリア…のはずなんですが、対応するSDガンダムフルカラーのラインナップといい作中でトーン貼ってない(赤い機体はトーンあり・緑の機体はトーンなし)ことといい、完全に一般機カラーという地味にスゴいことになっている子。
その後正式にルナマリア機がラインナップされたりもしたんですが、色はずっとそのまんまでした。
切り替えるいいタイミングがなかったのだろうか…




DSC_1828.jpg


エントリーナンバー3番、バクゥ!
説明不要のマスコット!わんこ!

漫画の中でもネタにされてましたが、最初は上記のように結構頭身が高かった彼(?)。
その後出番を重ねるごとにどんどん縮んでいきました。

DSC_1835.jpg

当初は大型~中型犬ぐらいあった身体が完全に小型の愛玩犬サイズに。
デフォルメのさらにデフォルメって感じですね、自分は猫派なんですがさすがにこの子にゃ可愛い以外のコメントが思い浮かばない…!
抱っこしてえ。

最初はバウンド犬(ドッグ)と張り合うべくデュエルやバスターからおあずけを喰らったりと可哀想な目にもあっていましたが、その後飼い主であるデュエルがどんどん親バカ愛犬家に。

こういうフリーダムガンダムなキャラ付けが本当にいい味出している漫画です。
かと言っていつも原作ガン無視してばっかりかというとそういうわけでもなく、各キャラの関係や基本的な性格付けは原作キャラのそれを感じさせることも多く、そういう意味でも面白く読めます。

ここまで散々描きたいことばっか描いてきましたが、興味のある方は是非買いましょう読みましょう。


DSC_1860.jpg

最後に忘れちゃいけないあずま先生!(多分初出のコマ)
フルカラー劇場は自分のSDガンダム観に大きな影響を与えてくれた作品でした、本当にありがとうございます!

bucue.jpg

ついでにあることに使うべく自分で描いたバクゥ。
ロクに絵が描けない自分でもここまで持ってこれるペイントソフトのベクター線の存在は偉大だ…。
輪郭のぷにっと感が大事な子だと思います。さわりたい。

それでは、拙文ですがここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
SDガンダムはいいぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらっと

Author:ふらっと
玩具やらゲームやらアニメやら、広く浅くを地で行くヌルヲタです。
推しジャンルはSDガンダムと女性型ロボ。
その場その場の勢いだけで記事を書いております。
たまーにニコ動で動画投稿なんかも。
http://www.nicovideo.jp/user/981172

リンクフリーですのでお気軽にどうぞ。
ただし記事や画像の無断転載はご遠慮ください。
※サブカル格納庫。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
フリーエリア
カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR