メガミデバイス:朱羅 忍者 パチ組みレビュー

DSC_1882.jpg


2017年12月発売、コトブキヤ:『メガミデバイス:朱羅(アスラ) 忍者』のパチ組みレビューをしていきたいと思います。
2018年1月発売予定の『朱羅 弓兵』とともにその爆発的なアレにより予約段階から爆発的な火がついた期待の新星。


DSC_1865.jpg

パッケージはメガミデバイスお得意の部分加工仕様。
デザイナーはNidy-2D-さん。


DSC_1868.jpg

こんな感じです。地味にコストかかってそうな部分ですね。


DSC_1977.jpg

まずは素体モード。
首から下はメガミデバイス共通のランナーを流用しつつ、お腹周りなどに新規パーツが使われています。
横髪にくっついているパーツやパンツ部分は塗装済みパーツ。
これまでのからもっと体型からしてガラッと変わってる印象があったんですが実際はそれほどでもなく。
見事なリデコっぷりです。でかい


DSC_1982.jpg

後ろから。
ツインテール髪のジョイントパーツは可動式と非可動のものを選択でき、さらに黒成形な代わりに強度のあるPOM製のパーツに交換することもできる至れり尽くせりな仕様になっています。
予備もあるので多少紛失しても安心。


DSC_1985.jpg

表情は「通常」「マスク」「くっころ照れ」の三種類がセットに。
マスク部分は別パーツです。
またアイデカールも付属しているので、一旦ペイントリムーバーなどで落としてから好きな表情にすることも可能。

DSC_1988.jpg
DSC_2104.jpg
手首は「握り手」「平手1(閉じ)」「平手2(開き)」「持ち手1(剣類用)」「持ち手2(銃類用)」が付属。
素体モード用と武装モード用がそれぞれ用意されており、接続方法に違いがあります。
なんか写真の色味が違ってしまってるのはご勘弁を…


DSC_1994.jpg

このキットに銃の類はついてこないので、 単品で遊ぶなら銃持ち手はこのようになんちゃって印結びっぽくしてみてもいいかもですね。ニンジャー


DSC_1998.jpg
「くっ…殺せ!」

やめてくれないか!公式が 思いっきりくっころネタ採用してくるのは!
どう撮ってもいかがわしい絵面にしかならないぞ!
照れ顔!照れ顔です!


DSC_2004.jpg
ニンジャキーック
可動を妨げるものが皆無なのでよく動きます。
ただしガンプラやアクションフィギュア感覚でバリバリ動かそうとするとあっさり弱い部分が折れかねないので気をつけて扱ってあげましょう。それにしても爆発的


DSC_2010.jpg DSC_2013.jpg

そして素体パーツからこれらのパーツを追加・変更して武装モードへ。
ちょっと配置ミスしてしまいましたが、首のジョイントもマフラー用の長いものに交換します。


DSC_2017.jpg

武装モード前から。
赤と白が増えて一気にヒロイック&重武装に。
忍ぶどころか暴れるぜ!


DSC_2020.jpg

後ろから。
マフラーは二軸で可動しますが、ご覧の通りの小サイズなので扱いにはお気をつけを。
また個体差あるかもしれませんが、手甲を取り付ける手首部分のジョイントパーツのカバー部分が全然ハマってくれなかったので、場合によっては接着した方がいいような部分がいくつかあります。
大分組みやすくなったとはいえ、コトブキヤのキットはそういう部分がちょいちょいありますので、接着剤などの基本アイテムは揃えておいた方が吉です。
肩甲骨部分のように、説明書で接着を推奨されている箇所もありますので。


DSC_2029.jpg

武装モード後も依然としてマシニーカ由来の広い可動範囲を誇ります。
ただ腿部分のアーマーはちょっと干渉しやすいですね。
クナイは取り外して手持ちできるほか、手甲についているソード部分は取り外してグリップをつけてカタールモードにすることも可能です。
すみません写真取り忘れました。


DSC_2039.jpg

各部に3mmジョイントが設置されているので、その範囲内でかなり自由に武装交換可能。
武器のマウントには全く困りませんね。
シルエットそのものをガラリと変えることもできます。


DSC_2046.jpg

もちろん全身の武器を外した状態でもサマになります。
すごいそっち系の変身ヒロイン感。
忍者刀は最早マチェットと言った方がしっくりくるゴツさですがこれはこれでカッコいい。


DSC_2051.jpg

手裏剣は各部にマウントできる他、適当なスタンドを使えばこのように投擲チックな画も。
構造上仕方ないんですが、上下の二枚がカチッと合わさってるわけではないので抜き差しする時がちょっと面倒。


DSC_2057.jpg

さあここからあらぬ方向にブーストがかかっていくぞ!
このようにボディ部分だけ露出度を上げることも可能!
マフラーは武装モード用の胸部パーツのピンで固定してるんですが、安定しなくていいなら素体モードの胸部でも付ける(というか置く)ことはできます。このように。


DSC_2061.jpg

恥ずかしいカッコさせられてめっちゃワナワナしてるの図。


そしてここからがある意味本番だ!

DSC_1931.jpg

このキット、共通ランナーの余剰パーツが結構出ます…そこで!


DSC_1892.jpg

このように、パンツ部分を黒成型色のものに変更!
規格自体は全く同じなので、何の問題もなく交換可能となっております。
ただ交換するなら、ピンを斜め切りするなどしておくといいかも。しっかりハマってるところを変に外そうとすると折れかねないので…。

金の腰鎧を差すためのダボ穴は空いていないので、1.5mmのドリルを使って自分でうまいこと空けてやりましょう。
前面のモールドに合わせて空けたためちょっと斜めになっておりますが、アクションさせる上で特に問題はありませんのでOKOK。
既にもう微妙にパチ組みじゃなくなってますがご勘弁ください!

当然ながら、このあたりの改造を行う際は全て自己責任でお願いします。


DSC_1927.jpg

そしてつまりは…お尻もツヤテカブラックヒップ化でセクシー度アップって寸法よ!!(個人の感想です)
白よりも黒が好きな方は是非お試しあれ。手軽になんかすごいいい感じの改造してる気にもなれるぞ!
ちなみにこれ元はツイッターに上げたネタですが、思いのほか反応良かったのでこっちにもという感じです。


DSC_2073.jpg

そしてまだ、まだ終わらんよ!
わき部分の余剰パーツも使用し、素体モードに切り替えてさらなるブラック化!
露出度的には下がってるんですが、チューブトップ感あってグッとくるのは自分だけではないと思いたい!


DSC_2086.jpg

後ろから。
どうですかこの一体感。
わざわざ腕を横に上げてるのは後ろから見える胸っていいよねってことです


DSC_2076.jpg

爆発的。


DSC_2091.jpg

なんかバニー衣装っぽく見えたので終いには色々と取っ払ってそれっぽく見えないかと試してみたの図。
気持ち程度の忍者要素が今完全に消し飛んだッ!


DSC_2099.jpg
「またこのポーズか!くっ…殺す!!」



というわけで、『メガミデバイス:朱羅 忍者』のレビューでした。
需要爆発の理由は…まぁこれを見てもらえればよくわかってもらえたのではないかと思いますねッ!
これまでスタンダードな少女という雰囲気のキットが多かったブキヤの美少女プラモ群としては、ちょっと年齢高めのおねーさんな路線を開拓という意味でも大きいと思います。
一方その頃バンダイは人妻の美少女プラモを発表していた

キャラクターとしての魅力もさることながら、単純にキットとして見てもプレイバリューに富んだ良質な出来になっております。
ただ細かいパーツが多い都合上、紛失や破損にはくれぐれもご注意を。
またポロリしやすい箇所も結構あるので、ストレスに感じる部分があれば接着してしまうのがいいかもしれません。
個人的には素体モードのPVC手首が結構不安定な割に接着するわけにもいかない部分なので、扱いにちょっと難儀しました。
もしも今までガンプラなどしか組んでなかったけどこれを初めてのコトブキヤキットにしよう!という方がいらっしゃいましたら、気をつけて扱うことをオススメします。

なおこの記事を書いている2018年1月頭現在、巷にはプレ値ので溢れていますが、ここまで人気が出たとなるとコトブキヤの方もなるべく早めに再販できるように動いているのではないかとも思いますので、転売屋や悪質な業者からはくれぐれも買わないようにしましょう。


『メガミデバイス:朱羅 弓兵 パチ組みレビュー』はこちら


~やってみたかっただけのオマケ~

DSC_1933.jpg
「イイイヤアアーッ!!」
おお、見よ!アスラニンジャの決断的カラテシャウトとともに、怒涛の如きヒサツ・ワザ、カタナ・ケリ・キックが敵ニンジャであるアシッドワームの首を切断!
「アバーッ!!」
緑色のバイオ血液を撒き散らしながら、断末魔の叫びを上げるアシッドワーム!おお……ナムアミダブツ!
DSC_1945.jpg
「サヨナラ!」
おぞましきバイオニンジャは爆発四散!
あとにはただ、静かにザンシンを決めるアスラニンジャの姿が残されるのみであった。
これはネオサイタマの片隅で起こった、ただ名も無きイクサの断片である。

なんじゃこりゃあというそこの貴方は『ニンジャスレイヤー』で決断的に検索だ。



     

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらっと

Author:ふらっと
玩具やらゲームやらアニメやら、広く浅くを地で行くヌルヲタです。
推しジャンルはSDガンダムと女性型ロボ。
その場その場の勢いだけで記事を書いております。
たまーにニコ動で動画投稿なんかも。
http://www.nicovideo.jp/user/981172

リンクフリーですのでお気軽にどうぞ。
ただし記事や画像の無断転載はご遠慮ください。
※サブカル格納庫。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
フリーエリア
カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR