HGUC:ブルーディスティニー1号機”EXAM” パチ組みレビュー

EXAM01.jpg
-エグザムシステム スタンバイ-




2017年8月発売、バンダイ『HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機”EXAM”』のパチ組レビューをしていきたいと思います。


DSC_2226.jpg

不気味に光る丸目を強調したパッケージアートが素敵です。
価格は1,600円(税抜)。


DSC_2210.jpg

本キットは2007年7月発売のHGUC80番『ブルーディスティニー1号機』のリメイクキットという位置づけになっています。
最大の特徴は、原作版ヘッドとガンダムエース連載の漫画版ヘッド、そして通常のツインアイとEXAMシステム起動時の不気味に発光するあの『丸目』を再現するための内部パーツがそれぞれ入っていること。
その上でこのように、パーツを余らせることなく一箱で組み切ることができるお得感のある仕様になっています。
それぞれのパーツに互換性があるので、ダムエー版ヘッドに丸目、原作版ヘッドにノーマルのツインアイみたいな組み合わせも問題なくできます。
EXAM発動の前後をきっちりと再現するにはどのみち二箱買わないとではありますが、この手の選択式としては珍しいもう一方のパーツが無駄にならないという構成はナイスだと思います。
内部のカメラアイ部分に貼るシールもそれぞれの形状の赤と緑のものがそれぞれ付属しておりぬかりありません。

本レビューで載せているのは上の画像のように「漫画版ヘッド+緑のノーマルアイ」&「原作版ヘッド+赤の丸目」という組み合わせのみになっております。
予めご了承ください。



DSC_2221.jpg

オプション一覧。
平手があるのは嬉しいですね。
やっぱりあるのとないのとではポーズの幅が違います。
本記事では使用していませんがナンバーなどのマーキングシールも。


DSC_2229.jpg

関節や武装が配置されているCランナーは『HGUC 陸戦型ジム』からの流用。
指の形状が異なるためハンドパーツだけは余りますが、他は余すところなく使用されています。


DSC_2139.jpg
DSC_2136.jpg

ダムエー版からのギミックとして、EXAM発動時に肩と脚部、背中のパーツがそれぞれ展開するという要素も追加・再現されています。
それユニコーンじゃ白黒の漫画版で視覚的な変化を強めるためのものだそうで、プラモ的にも面白いギミックだと思います。
もちろん元のデザイン自体が変化したわけではないので、原作版のEXAM発動モードも問題なく再現できます。

※漫画版ヘッドのアンテナの先端には白いシールが用意されていますが、個人的な好みで安全フラッグを切り飛ばしているので今回は貼らずに写真を撮っています。すみません。


DSC_2237.jpg DSC_2231.jpg

後ろから。
EXAMシステム発動時に展開するスラスターが目を引きます。


DSC_2181.jpg

陸戦型ジムの関節を流用しているだけあって、可動範囲は良好。
片膝立ちも問題なくこなせます。
ただし足周りのデザインの違いにより、足首可動はそれほどでもありません。接地性も極々標準的なので、大きく脚を開くポーズは苦手ですね。


DSC_2168.jpg

マシンガンは陸戦型ジムのものをほぼそのまま流用。
マガジンの色が違うだけですね。
フォアグリップによる両手持ちも可能ですが、肩関節が前方ではなく上方への引き出しになっているのでちょっと窮屈な感じ。


DSC_2191.jpg

マシンガンはトリガーガードがないのももちろんそのままなので好みが分かれるところですが、個人的には左手で持たせたりもしやすいので、これはこれで結構好きです。
両手分の銃持ち手まで付属させると値段に跳ね返るだろうしなぁ…
そのあたりのジレンマはガンプラの宿命。


DSC_2185.jpg

シールドも陸戦型ジムのパーツを流用しているので、ギミックもそのまま踏襲。
ある程度動かせるほか、スタンド付きなので地面に立てることも可能。
本キットだけだとあまり活かしようもないですが、ちょっと改造ネタとかに使えそうかな…?


DSC_2173.jpg

脚にはビームサーベル収納ギミック。取りにくそう
内部メカまでちゃんと造形されてます。

DSC_2176.jpg

二刀流!
多少オーバーなアクションでも受け止めてくれるのも魅力ですねブルーは。
漫画版ヘッドは旧HG陸戦型ガンダムの遠距離通信パック頭部を思い出して個人的に好きだったりします。


DSC_2127.jpg

『EXAMシステム スタンバイ』

この赤丸目が本当にたまりませんね、すごい眼力。
自分はGジェネでブルーを知ってそこから高山瑞穂先生の漫画版を読んでって感じだったんですが、この化け物然としたインパクトたるや今も色褪せません。
それでは例によって以下、ネタ度高めなブンドドコーナーになります。


DSC_2147.jpg
「おっジムコマ…誰だお前!?」


DSC_2150.jpg

なんか見た目的に単機でもいい勝負できそうな…。
どうでもいいですがこの「コクピットではなく頭を守る」というアクションがすごい地に足付いたヤバさを演出してて昔からとても好きです。


DSC_2153.jpg

まぁでも結局こうなりそう。
そう言えばGMの逆襲のジム軍団の中にブルー1号機もしっかりいたなぁ。


DSC_2156.jpg

せっかくなので比較…GM/GMデカいな!
一応設定上はブルーの方がちょっとだけ大きいはずなんですが…まぁガンプラではよくあること。


DSC_2142.jpg
フリット「過去、機体に搭載されたシステムで、モビルスーツが暴走した事件を目にしたが、あれはやはり有人機であったはずだ…」

最後にスパロボBX妄想過去編的な感じの一枚。


いかがでしたでしょうか。
単なるリメイクにとどまらない、プレイバリューに富んだ良いキットだと思います。
擬似的にではありますが、EXAM発動の前と後を一箱で楽しめるのもいいですね。
そしてやっぱり丸目を再現できるのが一番の魅力。

基本的に他の人がやらないようなネタ写真メインで撮っていきたいなーと思っておりますので、しょーもないのばっかですが楽しんでもらえれば何よりです。



HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機 “EXAM” プラモデル 『機動戦士ガンダム外伝戦慄のブルー』より[バンダイ]《発売済・在庫品》

価格:1,290円
(2018/1/8 21:04時点)
感想(0件)

ザ・ブルー・ディスティニー(01) 機動戦士ガンダム外伝 (カドカワコミックスA) [ たいち庸 ]

価格:626円
(2018/1/8 21:05時点)
感想(2件)

【中古】afb_【単品】_機動戦士ガンダム外伝―Thebluedestiny(KCデラックス)_高山瑞穂;矢立肇and富野由悠季

価格:110円
(2018/1/8 21:06時点)
感想(0件)




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらっと

Author:ふらっと
玩具やらゲームやらアニメやら、広く浅くを地で行くヌルヲタです。
推しジャンルはSDガンダムと女性型ロボ。
その場その場の勢いだけで記事を書いております。
たまーにニコ動で動画投稿なんかも。
http://www.nicovideo.jp/user/981172

リンクフリーですのでお気軽にどうぞ。
ただし記事や画像の無断転載はご遠慮ください。
※サブカル格納庫。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
フリーエリア
カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR