仮面ライダーエグゼイド・全話視聴感想

録るだけ録って観てなかった仮面ライダーエグゼイドをこの一週間で全話視聴!
最高にEXCITEな作品だった!
※ネタバレが大いに含まれるので未見の方はご注意。






総合

まず全体として、とても丁寧に作られた作品だったという印象。
出来のいい連ドラを観ている感覚になるような…

もちろん粗がないわけではないんだけど、伝えたい部分のための取捨選択の結果という感じで個人的にそこまで気にはならなかったかなと。

平成ライダーらしからぬ…と言ってしまうと語弊があるかもしれないけども、ゲストキャラの比重を極力下げて全体のストーリーを魅せることを優先したという感じでもあり(特に中盤以降)、このあたりの作りは『鎧武』の時と似ているとも思うのです。
エグゼイドの場合は最初から最後まで『医療』と『ゲーム』という明確なテーマに沿って進行していってるのが肝で、非常に一貫性が強い(と観てる側が感じやすい)。

ちょっと乱暴かつひねくれた言い方をしてしまうと、所謂ヲタ的な感性とマッチしやすい作品だとも思います。
伏線の回収や設定の拾い方が小気味よかったり、キャラの動かし方にしても悪印象を抱かせにくい場面が多かったりで、減点方式での評価スタイルとの相性が良い。
ラストバトルでバグスターを分離させるためにご無沙汰だったレベル1を使用するところなど、『わかってるじゃないか!』と言いたくなるような描写を入れてくれる。
最後までツボの突き方が上手いと思える作品でありました。

バグスターウィルスとの戦いはまだまだ続く…されど全員生存・未来にも希望が持てるハッピーエンドというバランスの取れた〆も良かった!



ストーリー

過去の謎を軸に、視聴者を飽きさせない構成をほぼ徹底できていたのは素直にすごい。
一年モノは大体中だるみする期間ができてしまうんだけど、とにかく絶え間なく何かしらのイベントを起こして間延びを防いでいた印象。
その上でそれらのイベント一つ一つがメインキャラ勢に関わる大きなもので、場当たり的に用意されたものではないというのも大きいと思います。
盛り上げ方の妙。

決して目新しいことをしているわけではないんだけど、王道な展開を一つ一つきっちりやってくれてるなぁというのがヲタ目線で見ると好感度高し。
本当異色に見えて本質的にはお約束の塊のような作品。そこがたまりませぬ。

バグスター陣の扱いに関しても、人間の味方であり続けたポッピーピポパポ、永夢との繋がりを通じてドラマを繰り広げ、死の意味を知りわかり合うことが出来たパラド、あくまでも誇り高きゲームキャラクターであり続けたグラファイトと、まさに三者三様の生き様を描いており、それでいてそれらに物語的な優劣を付けなかったところが素晴らしい。

個人的にトップクラスにグッと来たのは28話のポッピーピポパポの「みんなで仲良くドレミファビートがしたいよぉっ…!」という切なる想いとそれに応える永夢。
あのシーンの二人は紛れもなく最高のヒーローとヒロインだった。


キャラクター

サブキャラの数がかなり絞られていることもあってか、総じて薄いキャラがいなかったという印象。
このあたりは何というか平成一期っぽさを感じたり。

比較的サブキャラ度の強い灰馬院長も要所要所でいい場面をもらっていたり、個人的にはニコちゃんがあそこまで色んな意味で活躍するキャラになるとは思っていなかった。
量産型ライダーとしては、ライドプレイヤーという『仮面ライダークロニクルの正規プレイヤー』としての立ち位置を与えたのは本当に上手いと思います。
つーか割と普通に戦力として数えられるレベルってめっちゃ頼もしいよあの子!
天才ゲーマーは伊達じゃない。
大我とのコンビはニヤニヤできてとてもツボです。端から見たら犯罪にしか見えないぜ!
この二人の関係性も中盤から終盤の大きな見所。

そしてキャラクターを語る上では外せないのが何と言っても我らが檀黎斗神
もうあえて語るまでもないぐらいの濃さなんですけども、個人的に外せないのが『改心イベントを経ずに味方になった』というポイント。

バグスターとして復活した後も、その性格も傲慢さも周囲との命に対する価値観の違いも何ら矯正されることはなく、むしろ磨きがかかった感すらあったこの御人。
敵の敵は味方理論みたいなもんではありますが、よくもまぁ『仮面ライダー』という番組においてそれをナチュラルに成立させたものだと思います。
岩永氏の怪演から来るネタキャラとしての確固たる存在感にも助けられたのは疑いようがないものの、それでもすごいことだと思います。

個人的にこの手の超がつくほどのエゴイストなキャラがとても好きなので、そのエゴイズムを保持したまま最後まで立ち回ってくれたというのはとても喜ばしいことと言えました。
母から生まれたバグスターであるポッピーピポパポに見せた情も後天的なものではなく、『檀黎斗という人間が元々持ち合わせているエゴの正の面』であるということも個人的には重要な部分です。
揺るぎなきネタキャラ神の座と、誰よりも複雑な内面を持ち合わせていると言っても過言ではないその多層性に感服。
アナザーエンディングが楽しみだっ!

あと個人的イチオシのキャラがグラファイト
まぁ全員好きと言っても過言ではない作品なんですけども!
各キャラがっつり語ってたら絶対えらい長さになる!

基本的にメインよりもサブキャラにハマりやすい性質で、グラファイトは散り際のあのカッコよさで一気に好感度が上がったタイプ。
様々な事情を抱えたキャラばかりのエグゼイドにおいて、ある意味一番シンプルなキャラかもしれない。

清々しいほどの悪役。敵役。
それでいて同胞であり友であるパラドが道を違えた時も、恨み言の一つを言うどころか、ポッピーピポパポも含め仲間であったことを喜び、宿敵であるスナイプやブレイブにも真っ向から敬意を表した。
最期まで燃えるように矜持を貫き通したその生き様は、バグスターという存在の何たるかをこれでもかというぐらい見せつけてくれました。
もうこれ以上ないぐらいシンプルなだけに狙っても難しいキャラ造形だったのではと思います。
『ゲーム』というテーマをこの上なく体現した男ですね。


最後に

なんでもっと早く…というかリアルタイムで観とかなかったんだ自分!
心の底からそう思えるぐらいの作品でした!
さあこれで心置きなく平成ジェネレーションズFINAL観に行けるぞ!楽しみ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらっと

Author:ふらっと
玩具やらゲームやらアニメやら、広く浅くを地で行くヌルヲタです。
推しジャンルはSDガンダムと女性型ロボ。
その場その場の勢いだけで記事を書いております。
たまーにニコ動で動画投稿なんかも。
http://www.nicovideo.jp/user/981172

リンクフリーですのでお気軽にどうぞ。
ただし記事や画像の無断転載はご遠慮ください。
※サブカル格納庫。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
フリーエリア
カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR