メガミデバイス:朱羅 弓兵 パチ組みレビュー

archer000.jpg



2018年1月発売、コトブキヤ:『メガミデバイス:朱羅(アスラ) 弓兵』のパチ組みレビューをしていきたいと思います。
価格は5,800円(税抜)。

『メガミデバイス:朱羅 忍者』とパーツ構成をほぼ共通とするバリエーションキットで、相方のような存在。
メガミデバイスシリーズでは恒例の販売方法ですね。

忍者さんのレビュー記事はこちらになります→メガミデバイス:朱羅 忍者 パチ組みレビュー


archer012.jpg

パッケージは全く忍者と同じ構成。
デザイナーも同じくNidy-2D-さん。


archer015.jpg

まずは素体モード。
…忍者さんもご立派なものをお持ちでしたが、弓兵さんはさらにダイナマイツ。
手脚のカラーも真っ白になっており対照的ですね。
可動範囲などは当然ながら忍者さんと全く同じです。


archer016.jpg

後ろから。
ツインテールからポニーテールへ。
色んな意味で好対照なデザインになっています。
ポニーテールは可動式のジョイントで接続されているため角度付けが可能。
金色の輪っか型のパーツはジョイントのボール部分に引っかける作りになっているのが面白いですね。


archer001.jpg
その場の勢いで撮ってしまった一枚。


archer025.jpg

表情は「通常」「睨み」「笑顔」の三種類が付属。
今回ももちろんアイデカール付きなので、アイプリントを落として好きな表情にすることも可能です。

あとすみません…手首パーツの撮影忘れてました…orz
一応素体モードのやつが白くなってる以外は忍者さんのと全く同じですので、形状に関しては向こうの記事のをご参照くださいませ…。


archer017.jpg
「にゃ~ん♪」

通常顔はネコ口が非常にカワイイ。
買うまで笑顔にばかり注目してたので嬉しい誤算です。


archer019.jpg

しかし何と言っても本キットの目玉はこの底知れない表情の笑顔と言ってしまっていいでしょう…!
あらあらうふふなおっとり系としても悪いこと考えてそうな暗黒微笑としても使えるとんでもないパーツですよこいつぁ…!


archer018.jpg

けしからんポーズ!
くっころ顔が付属していた忍者さんとはまさに対極な表情ですわ…すごい破壊力。


archer024.jpg

これらのパーツを追加・変更して武装モードへ。
手脚は忍者さんとほぼ同じで、身につけるパーツに違いがあります。


archer002.jpg

弓兵さん武装モード。
睨み顔でキリッとさせてみました。
袴を意識したパーツが脚に追加され、シンプルながらシルエットを上手く変えてきています。


archer003.jpg

後ろから。
忍者さんの武装モードに比べると大分シンプルですが、彼女の本領発揮はこの後です。


archer004.jpg

弓兵の名に相応しい超大型の弓!
優に身の丈を超える大きさ。
そして太刀も加わり、武装面のボリュームがすごいことになっています。
とことん対比的な構成になっているのがいいですね。


archer005.jpg

大弓は先端に銃口らしきディテールがあり、構造的にはビームボウガンと言った趣ですね。
このビッグサイズですが、手首に優しい保持用のパーツも付属しているため案外持てます。


archer008.jpg

各部に3ミリジョイントがあるので色んな場所に付けることができます。
大型武器なので付ける場所次第で一気に印象が変わりますね。


archer013.jpg

袴パーツも腕につけて手甲ぽくしてみたり。
ボディは完全に同じなので当然と言えば当然ですが、拡張性の高さは忍者さん譲り。


archer010.jpg

大弓のパーツは取り外して双剣に。
本当に武装面のボリュームがすごい…。
この剣単体でも十分カッコイイのがいいですね。


archer006.jpg

剣を外した後の弓も短弓チックな感じで普通にカッコイイ。
ヒロイックなカラーで特撮モノの武器っぽくもありますね。
ギミック満載なとこもそれっぽい。


archer007.jpg
笑顔でズドンと。「撃ちま~す♪」


archer009.jpg

向きを変えてシザーモード的な。
シンプルな構造ですがかなり遊べますねーこれ。
このように腕に直接付けることもできます。


archer011.jpg
「さあ…死にたい人からかかってきなさい♪」

…みたいなフル装備状態。
忍者さんの時に撮り忘れておりましたが、クナイはこのように取り外して手で持てます。
太刀も結構な大きさで、こちらも別途保持用のパーツがありますので、手首への負担が気になる人は使用推奨。


archer014.jpg
「…ウフッ♪」

弄ってる最中に思いついて生まれた殺意しか感じない武器。
連刃刀どころの騒ぎじゃありませんぜもう。
ジョイントはまだ空いてるので多分増やそうと思えばもっと増やせると思います。
…こんな画像での解説になってしまってなんですが、このように両手持ちも問題なく可能です。


archer020.jpg

忍者さんと一緒に。
並べてみると改めてわかる対象的なふたり。

※うちの忍者さんは余剰パーツを使ってボディカラーを黒で統一しています。
設定通りのカラーを確認されたい方は当記事上の方のリンクからレビュー記事の方をご参照ください。



archer021.jpg
ち ち く ら べ

忍者さんも実際かなりのものなんですがそれを余裕で上回るッ…!
これは予約瞬殺もされますわ…。
ものすごくどうでもいいことですが、ちちくらべの元ネタである舞-HiMEってもう13年ぐらい前なんだなぁとちょっとしみじみ…知らない人も多そう。


archer022.jpg

各パーツには互換性がありますので表情の交換も可能。
一気に「拙者にまかせるでござるよー、にんにーん」とか言いそうなお気楽忍者感全開なキャラクターに!


archer023.jpg

こっちはこっちで白いカラーに金髪でくっころ感が一気にアップしたような…!
キャラクター性の強い表情なので、色々と入れ替えてみるのも面白いと思います。


archer026.jpg

それでは二体連動ギミックの侍モードへ。
両キットに付属する装備を取り外し・合体させるなどしてこのようなパーツ一式を組み立てます。
刃物類をまとめて翼っぽくするのが面白い。


archer029.jpg

…なんかいい感じのシルエットだったので全部くっつけて支援メカっぽくしてみました。
これは公式ネタとは関係のない単なるお遊びですので悪しからず…。


archer032.jpg
「しゅばっ」
というわけで、スク◯ンダークロース!!


archer027.jpg

朱羅弓兵・侍モード!

翼のように構成されたパーツを腰に、忍者の装甲パーツや弓兵の袴パーツを脚に装着したスタイルとなっています。
太刀は忍者刀と合体し大刀に。こちらもすごいボリュームです。
髪留め(リボン?)の向きも上下逆に。


archer028.jpg

後ろから。
下半身にパーツが集中しているのがよくわかります。
ただこの翼は見た目通り結構重量もあるのでちょっとのけぞりやすくなりますね。


archer031.jpg
archer033.jpg
「とうっ!」
続いてこっちも大空◯体!!


archer034.jpg

朱羅忍者・侍モード!

こちらは翼の位置は変わりませんが、パーツの配置が肩と脚の二ヶ所で上半身寄りのシルエットになっています。
ちょっとした違いですが、元の特徴を踏まえて上手く差別化されていますね。
気になった点としては手裏剣のパーツを髪の間に挟むんですが、個体差があるのか組み方が悪いのか元々そういうものなのか、ツインテがきっちりハマらずにかなり不安定な感じに…。


archer035.jpg

後ろから。
元々マフラーなどがあることもあって、弓兵さん以上に情報量が多い感じに。
上から下まで赤が配置され、非常に力強い印象を与えています。

思っていたよりもシンプルな組み合わせで、元に戻したりもしやすいのがいいですね。
ただこのサイズの素体にトゲトゲしいパーツを二体分がっつり装着させているので、この状態でガチャガチャ動かすのにはあんまり向いていないと思います。
元々そこまで強度のあるボディではないので、取り扱いは慎重にいきましょう。


archer037.jpg
欲望に従ってのダブルお尻。
撮ってみたはいいけど自分の撮影技術では弓兵さんのは白飛びしてしまう…ごめんなさい。


archer036.jpg

こういう力関係しか想像できませんでしたの図。キマシタワー
なんちゅうキットを出してくれたんやブキヤさん…!



というわけで、『メガミデバイス:朱羅 弓兵』のレビューでした。
色んな意味でボリュームのあるキットで非常に遊びがいのある内容となっております。
一体でも良し、忍者さんと組み合わせるとなお良しなバリエーションのお手本のようなキット。
プラモとしての長所も短所も忍者さんに準じているため、素体モードの手首の緩さや武装モードの袖パーツのはまりの悪さなどもそのままですね。
接着剤などは忘れずに。

二体目も欲しいですが…果たして再販はいつになるだろう…。
その前にイベント限定のカラバリも来そうですが、いずれも争奪戦になりそうで怖い。
下に広告リンク載せておいて何なんですが、この二体はしばらくはボッタ値が続きそうですので、メガミデバイスに興味のある方はお求めやすい他の子たちを買ってみるのがいいと思います。
転売屋滅ぶべし。

ちょっと地味ではありますが、女の子版トルーパーな雰囲気を持つWISMシリーズが個人的には好きなのでオススメしたいですね。
フルフェイスメット付きでメカ感が一番強いのも魅力です。
あとまだ予約段階ですがマジカルガールさんは性悪顔がめっちゃ良いッ…!
こういうクセの強い娘さんが出てくれるのは本当に嬉しいことです。
魔法(物理)な方向性といい面白い方向に動いているシリーズでこの先も楽しみですねー。
それでは、ご覧いただきありがとうございました。


『メガミデバイス:朱羅 忍者 パチ組みレビュー』はこちら









コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらっと

Author:ふらっと
玩具やらゲームやらアニメやら、広く浅くを地で行くヌルヲタです。
推しジャンルはSDガンダムと女性型ロボ。
その場その場の勢いだけで記事を書いております。
たまーにニコ動で動画投稿なんかも。
http://www.nicovideo.jp/user/981172

リンクフリーですのでお気軽にどうぞ。
ただし記事や画像の無断転載はご遠慮ください。
※サブカル格納庫。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
フリーエリア
カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR