雑記:ガンダムビルドダイバーズ5話『聖地・ペリシア』感想

GBD05-000.jpg


ビルダーにとっての重要なテーマを示したエピソード…なんですが、
まさかザムドラーグに色々と持って行かれる回になるとは…!


GBD05-001.jpg

いきなりこの顔のユッキーである。
ビルダーの聖地であるペリシア・エリアはある程度のランクがないとガンプラの乗り入れ禁止だろうな。
GBNで中立地帯というのもよくわかりませんが、この場合はどのフォースにも属さない独立地帯みたいな感じなんだろうか。
そしていくらゲームで疲れないと言っても何もない砂漠を延々移動してりゃそりゃ精神的に参るよねというお話…。


GBD05-002.jpg

そこにジープで現れるはアヤメさん。
リク達の監視も兼ねてとはいえなんてダイレクトな。
GBNではこういう乗り物も買えたりするのだろうか…?


GBD05-003.jpg

ここのユッキーの表情が好きです。


GBD05-004.jpg

無事ペリシアに到着した一行。
腹が膨れるわけではないんでしょうけど味わえるのはいいですね。近未来。
今回背景の看板がネタ満載。


GBD05-005.jpg

カードビルダーのレイコさんコスのお姉さんに反応した方も多いでしょう。
吉崎先生のデザインももはや懐かしいと言うかもう十数年前…ウッ頭が…!


GBD05-006.jpg

脚だけでも超わかりやすいサキブレさん。


GBD05-007.jpg

アヤメさん自身はいち初心者に過ぎないリクをわざわざ監視することに疑問を持っている様子。


GBD05-008.jpg

ハイパー・メガ・カノン持ちのハンマ・ハンマというすごい光景。
こういう繋がりが薄い・もしくは全くない装備を持たせるのがビルドシリーズでは多くて、そういうのもアリか!と結構唸らされます。


GBD05-009.jpg

予告の時点で存在感を放っていたオリエンタルゾック。
何気にアタマの飾りの色が予告と変わってたりします。


GBD05-010.jpg

ある意味今回の影の主役と言っていい旧キットの1/100ガンダム。
成形色だと白と赤のアイツです。
古いキットの古さを活かして作るという拘りを重視したキットについてはビルドファイターズでもラルさんが解説していましたが、今回はさらにパンチを利かせた感じですね。


GBD05-011.jpg

「その気持ち……まさしく愛だ!」
ガンプラに込められた想いを熱く代弁する謎のお兄さん。
CVは逢坂良太さんで、Gレコのクリムや鉄血のハッシュに続いての登板ですね。
安定のイケボ。


GBD05-012.jpg

一番感心したシーンはここかも知れない……。
サーベル部分をラメ入りのクリアパーツに置き換えた上であえてランドセルに貫通させたままというのがまさに旧キットへの愛を感じます。
こう…そのキットならではの部分を潰したくないって感じなんだろうなぁと。


GBD05-013.jpg

このユッキーの顔も好きです。


GBD05-014.jpg GBD05-015.jpg

お兄さんに機体を見てもらおうということで表示された二期のステータス画面。

General(ゼネラル):総合力もしくは汎用性
Unique(ユニーク):独自性・独創性
Nimbleness(ニンブルネス):機動力
Power(パワー):出力
Luxury(ラグジュアリー):豪華さ
Armor(アーマー):装甲


って感じかな?
Luxuryがちょっと解釈に困りますが、ダブルオーダイバーよりもビームマスターの方が数値が高くなっているあたり、どれだけ多くの装備を搭載しているか、みたいなものではないかとも思います。
ダブルオーダイバーは機動力に優れる反面防御面が弱く、ビームマスターは機動力で劣りますがバランス良しといったステータス。


GBD05-016.jpg

明確な愛や思想のあるガンプラとして評価される一方で、制作技術の未熟さを指摘され凹む二人。
これを見る限り、リクとユッキーに技術的な大きな差はないと見てよさそうですね。
てっきりユッキーはそのへん大分上を行ってるのかと思っていたけど、あくまでも二人三脚の相棒という感じか。


GBD05-017.jpg

カチンと来たモモちゃんが反撃。
このシーン、凹んだ二人に対して代わりに物申してやるぞ感があってモモちゃんの友達思いなとこが出てて好きです。
あとこういうちょっと血の気が多いと言うか勝ち気なヒロインはいかにもホビーアニメ感あってすごく安心感。
本当に今回は自分のツボを突いてくれていますわ…!


GBD05-018.jpg

そこでお兄さんが見せたのがプチッガイ。こういう形で出てくるとは…!
プチプチッガイまでいますね。おしゃぶり付けとる!
これにはモモちゃんやサラちゃんもニッコリ。
後ろの家もめっちゃ作り込まれてそう…。


GBD05-019.jpg

そしてレジェンドビルダー・シャフリアールの作品として出てきたのがリアルタイプ騎士ガンダム&風雲再起VSドッゴーラという濃すぎるセレクト。
不意打ちにも程がある…。


GBD05-020.jpg

今週のコーラサワーノルマ達成。
多分前回と同じ人が虎武龍に入門したものと思われます。
アバター設定あるからどこにいてもOKって便利だよなぁ…。


GBD05-021.jpg

ガンダムAGEの連邦軍制服!見逃さんぞッ!


GBD05-024.jpg GBD05-025.jpg GBD05-026.jpg GBD05-027.jpg

噂のレジェンドビルダー・シャフリアールを名乗るダイバーがザムドラーグ持参で街に登場。
しかし評判はすこぶる微妙。
シャフリアールの作品ということで無理矢理納得してしまっている人間もいるのが生々しい。


GBD05-029.jpg

そんな周囲の空気やあわあわする二人をよそに、ズバッと物申すリク。
愛が足りないぜ。
『理想』もそうですが『思想』というワードが個人的にかなり印象的ですね今回。
これがないと始まらないという意味では一番しっくり来るかも。


GBD05-030.jpg

事態を見つめるアヤメさんの脳裏に浮かぶのは
「なにそれ、ちょっとかっこ悪くな~い?」
「いいの!みんなの愛が詰まってるでしょ?」
というやり取り。
おそらく過去に何かがあり、それでマスダイバー側に協力しているものと思われますが…。
果たして何を抱えているのか。


GBD05-032.jpg

連れて行かれそうになるリクを偽シャフリアールから助けるアヤメさん。
ダイバー姿がリアルとそう変わらないとすれば、リクたちと同年代か少し上ぐらいだろうか。
OPからして仲間入りは確定しているだけに、そこまでの過程でどういうキャラを見せてくれるかが気になりますね。


GBD05-033.jpg

地味に背景にいるリーオー!もうすぐHGAC発売ですぜ!
…でもNPDの方が気になっていてちょっとごめん。


GBD05-034.jpg

クレームが入ったというシバからの通信。
マスダイバーの元締め?ってあれ商売みたいなもんだったのか…。
てっきり無作為にバラまいたりしてるんだと思ってました。


GBD05-035.jpg

そんなわけでアフターケアをしっかりとなと告げられるアヤメさん。
案の定あちこちでアレな方向に解釈されまくってるのは…仕方ないね。くノ一だしね。


GBD05-036.jpg GBD05-037.jpg

そんなわけでリクたちをおびき出すための人質を演じることに。
ナイスおっぱい。
このシーン、偽シャフリの手下「あいつら本当に来るの?」→アヤメ「来るわけないでしょ」っていう冷めまくったやり取りからして、シバの考えた筋書きをただなぞってるだけ感がすごい。


GBD05-039.jpgGBD05-040.jpg  
そこに謎のお兄さんからプトレマイオスアームズを借り受けた二人が到着。
予告の二人乗りがこういうことだったとは。
このあたりは予め設定できるのだろうか。


GBD05-041.jpg

例のポーズで飛んでくるザムドラーグが中々にシュール。
それでいて案外サマになってますね…。
ただミサイルちょっと撃った程度でロクに戦えておらず、色んな意味で指摘どおりの作りの甘さが見えます。


GBD05-042.jpg
 
1/144のプラモでは少しのズレも、GBNで1/1スケールとして反映されたら大きな誤差になってしまう…ガンプラバトルにおける作り込みの何たるかが示されました。
しかし弾頭をちゃんと別パーツ化してるだけでも結構すごい気がするぞ!


GBD05-043.jpg

邪魔だと吐き捨てられパージされるミサイル。
Ez-SRのミサイルの方は一発も撃たれず捨てられたあたり本当コイツらダメだな!というかそのCファンネルは完全に飾りかい!


GBD05-044.jpg

奥の手を使おうとするも、冒頭で述べられた「防砂仕様にしていないと砂が入って最悪動けなくなる」という状況に見事にはまり込む。
うーん怖い…。


GBD05-045.jpg

ナイスおっぱい!
どうして助けたのかと戸惑うアヤメさんに「リクはあなたが誰でも助けに行ったと思う」と述べるサラちゃんのヒロイン力がここに来て鰻登りやでぇ…。


GBD05-046.jpg

仕留めたかと思いきやブレイクデカール発動。


GBD05-047.jpg

ヴェイガン機にはやっぱりこういう悪いエフェクトが似合いますわあ。


GBD05-048.jpg GBD05-049.jpg GBD05-050.jpg GBD05-051.jpg 
単に強化されるだけかと思いきや…


GBD05-052.jpg

親方!中からガンダムが!!


GBD05-053.jpg

誰が予想できただろうかこの展開。

一瞬中からガンダムジエンドが…かと思いきや完全に別物のようです。
胴体はモロにザムドラーグの顔ですね。
変形とか分離ってレベルじゃねぇ!


GBD05-054.jpg GBD05-055.jpg GBD05-056.jpg

やだ…カッコいい…!
本人のツイートによるとデザイン・コンテともに大張正己氏担当ということで、どことなく漂う既視感も納得。
個人的には頭部だけ見ればシュロウガンダムとでも呼びたい気分。もしくはガンダムザムドとか。
劇中では不自然なぐらいこの形態についての言及がなされていないので、脚本段階では精々分離して機動力アップぐらいだったのが、コンテ段階で大張氏がほぼまるごと付け加えた要素なのでは…?という気がすごいしています。
もちろんあくまでも個人的推測でしかないので、そこはご了解くださいませ。
しかしこういう形でヴェイガン系のガンダムが増えるとはなぁ…絶対無理だろうけどキット化してくれないかしら。


GBD05-057.jpg

遅れてやってきた謎のお兄さん、なんと本物のシャフリアールでした。知ってた。
自分の名を騙られるばかりでなく、マスダイバーとしての愛なき所業に激おこ。


GBD05-059.jpg

「万死に値する!」


GBD05-061.jpg
GBD05-062.jpg

セラヴィーガンダム・シェヘラザードのご登場。
ガンダムマイスターさながらの口上でこのお兄さんノリノリである。


GBD05-063.jpg GBD05-064.jpg GBD05-065.jpg

本物を前にしてもなお足掻く偽物達。
水戸黄門に向かっていく悪党のようだ…。
このザムドラーグガンダム、アゴのあたりがバルバトスルプスっぽいのも地味に面白いですね。
狙ったのか偶然なのかはともかく、火星感に溢れた雰囲気であることは間違いない。


GBD05-066.jpg GBD05-067.jpg GBD05-068.jpg GBD05-069.jpg

そしてOP通りのバリ合体。これがシェヘラザードの真の姿だ!
…でもGNフィジカルバズーカや頭身アップギミックなどはまだ内緒のご様子。


GBD05-070.jpg

このサラちゃんの「おおーっ」って感じの顔好きです。


GBD05-071.jpg GBD05-072.jpg

「色々くっつければいいってもんじゃねぇぞぉ!」
「そう。付属してればいいというものじゃない。わかっているじゃないか。君のガンプラは美しくない…そう!愛が足りない!」



GBD05-073.jpg
GBD05-074.jpg

「う……美しいっ……!」

4色フルバーストに感銘を受けながら偽物ご退場。
なんか終盤になって改心して登場しそうなやられ方であった…基本的にとことんベタなのがいいですねビルドダイバーズ。


GBD05-075.jpg

戦い終わってシャフリさんと、負けじとわざわざここまでやってきたタイガーウルフさんにフォースに入らないかとスカウトを受けるリク達。
どうでもいいけど上のカット無駄にあざといな!顔が近い!


GBD05-076.jpg

しかしその申し出を断り、自分たちだけのフォースを立ち上げる意志を表明するリク。
ガンプラについてもそうですが、自分たちだけの道を進んでいくというのはビルドシリーズで一貫してていいですのう。


GBD05-077.jpg

そして一人去るアヤメさんは何を思うか。
今回だけでも結構少なからず影響を与えた感じではありますが…。


GBD05-078.jpg

Cパートではマスダイバーサイド。
これ多分イフリート改だよね…。
HGUCシュナイドの発売から一年でほぼ全てのバリエが揃うとは思わなかったけどこんなところにも出るとは…イフリートの時代が来ている…。


GBD05-079.jpg

「壊れればいい…こんな世界など…!」

最後の最後でこのド王道感満載の悪役台詞を放ってきたシバ君ッ……ナイスすぎる……!
ブレイクデカールを蔓延させて間接的にGBNをブチ壊してやろうという感じでしょうか。
これだよ!自分がビルドシリーズに求めていたものは!
暗い過去を抱えていて、最後には改心してめっちゃキレイになるところまで含めてやり切ってくれると信じているぞ!


GBD05-080.jpg GBD05-081.jpg

次回はフォースを作るにあたって経験者を募りたいということで、新キャラのメガネお兄さんご登場。


GBD05-082.jpg

OPのガルバルディリベイクを使う無表情エルフさん、まさかリアルではこんなモブ感溢れる人だったとは…。


GBD05-083.jpg GBD05-084.jpg

このシーンのモモちゃんがすごい顔してザクをいじってるのが気になって仕方ないです。



GBD05-085.jpg

「これが…実際にガンプラが動くバトル…」というプラフスキー粒子の存在を彷彿とさせる言葉で〆られましたが、その真相はいかに…?
ビルドファイターズシリーズとの繋がりは監督直々にインタビューで否定されていただけに気になる…。
なおこのメガネお兄さんはあのカプルを作った人でもあるようで、モモカプルも遠からず登場しそうですね。
さらなるレギュラーメンバーの登場ということで、色々期待が高まります。











     

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらっと

Author:ふらっと
玩具やらゲームやらアニメやら、広く浅くを地で行くヌルヲタです。
推しジャンルはSDガンダムと女性型ロボ。
その場その場の勢いだけで記事を書いております。
たまーにニコ動で動画投稿なんかも。
http://www.nicovideo.jp/user/981172

リンクフリーですのでお気軽にどうぞ。
ただし記事や画像の無断転載はご遠慮ください。
※サブカル格納庫。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
フリーエリア
カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR