ROBOT魂 SIDE FRANXX ストレリチア レビュー

StrelitziaRT000.jpg
飛ぶよ!ボクたちの翼で!!

※今回も後半かなり趣味に走った内容になっていますので、イメージ崩壊などを気にされる方はご注意下さい。




アニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』から立体化されましたバンダイ『ROBOT魂 ストレリチア』のレビューをしていきたいと思います。
女性型ロボ好きとしては外せないと言うぐらい今年の中ではマストバイなアイテム。
ついに出てくれた!という感じで色んな意味でテンション上がります。

価格は4,800円(税抜)。
最近の完成品ロボとしては比較的安価で、量販店などでの割引も含めるとさらにお求めやすくなっているのがありがたいところ。


StrelitziaRT028.jpg StrelitziaRT029.jpg

パッケージ表裏。
ロボ魂は久しぶりに買うので色々と新鮮です。
中の表情が笑顔になってるのは遊んだ後に箱に入れ直して撮ったからというだけです。
デフォは口をへの字に閉じたシリアス顔。


StrelitziaRT008.jpg

前から。
コヤマシゲト氏デザインの美しくも異形感のあるフォルムがしっかり再現されています。


StrelitziaRT025.jpg

後ろから。
撮り忘れてたことに後から気付いたのでポーズが変わっています、すみません…。
後ろ髪やヒール部分はそれぞれがBJで可動。
横髪は軟質素材が使われており、表情交換などにもそこまで邪魔になりません。


StrelitziaRT010.jpg

さて結論から言ってしまいますと、とってもかわいい。
人間的なボディラインもさることながら、三種の表情パーツがどれもいい仕事をしています。
特にこの悪戯っぽさを感じさせる笑顔はシンプルですが、キャラクター性をとてもよく引き出してくれている良オプションと言えるでしょう。
すんごくゼロツーらしい。


StrelitziaRT012.jpg

独特の体型をしているということもあって、可動に関してはちょっと癖もあります。
上半身、特に肩や腕は画像でもわかるように、ジョイントの数が多くかなり融通が利く作り。
肩アーマーもBJで接続させているので細かく角度をつけてやったりもできます。
ロール軸が上腕だけでなく前腕側にも搭載されているため、ちょっとしたガワラ曲げのようなことも可能。
反面、下半身はデザインの都合もあり窮屈気味。
足首がないため接地性はないに等しく、付属のスタンド(足裏の軸で接続するタイプ)だけだとポーズをつけたディスプレイがかなり制限されます。
持ってない方は魂ステージの購入を推奨。
腿ロールもないので女の子座りをさせたりもできないのが残念。
その分見栄えは最高と言っていいレベルなので、ここは一長一短ですね。


StrelitziaRT001.jpg

腰アーマーは両側でBJ接続されているほか、前垂れ部分が独立可動するため見た目ほど邪魔にはなりません。
足を前に出すぐらいなら十分可能です。


StrelitziaRT013.jpg

付属のクイーンパイクとシールドを装備した状態。
クイーンパイクの本体は2パーツ構成になっておりかなりのボリューム。
腰後ろからチューブで繋がっていますが、軟質なのでそこまで困りません。
ただちょっとカッチリ構えにくいことがあるのが難ですかね。


StrelitziaRT014.jpg

跳躍ポーズ。
叫び顔も文句なし。


StrelitziaRT015.jpg

突撃ー!


StrelitziaRT016.jpg

大ジャンプかーらーのー!
クイーンパイクは順手持ちにすることもできます。
大振りな武器なので両手持ちにもしたかったんですが左の持ち手が付属してないのが惜しい。


StrelitziaRT017.jpg

細身ながらも重騎士のような佇まい。
カッコよさとかわいさが同居したいいデザインだと思います。


StrelitziaRT030.jpg

表情パーツの交換はこのような形。
ちょっと手間はかかりますが、はめ込みがやたら堅いとかそういったストレスはありませんでした。
表情パーツは結構小さいので紛失にはご注意を。


StrelitziaRT002.jpg

今更ですが腰後ろから専用パーツを介することで魂ステージに接続します。


StrelitziaRT011.jpg

似合いそうと思ってやってみたらなんかよくわからないポーズに…。
腕は特にデフォルメの強いポイントなので動かしてて面白いですね。


StrelitziaRT018.jpg

ストレリチア・ゴー!みたいな。
力の入ったポーズも似合う似合う。


StrelitziaRT019.jpg

武器がなくてもやれるよダーリン!
本当に喋りだしそうないいお顔です。


StrelitziaRT026.jpg
デンドンデンドンデンドンデンドン

通常顔の凛々しさが素晴らしい…。
胴体が小さくて腕がゴツいので割と腕組みっぽくごまかせます。


StrelitziaRT009.jpg

さあここからが本番だ…!!
苦手な人はブラウザバック推奨。

見事なロボ尻。
隙間から見えるジョイントもまたフェチいですね。


StrelitziaRT027.jpg
ワ~オ(例のSE)

スカートがあっても構造上これぐらいは開脚可能。
脚は可動部分が少ない分、まさに脚線美と言えるキレイなラインが形作られております。


StrelitziaRT003.jpg StrelitziaRT004.jpg

そして買ったからにはもちろん試すスカート外し。
こんな感じで繋がっています。


StrelitziaRT020.jpg StrelitziaRT021.jpg

さらに取り外せばこの通り完全な着脱も可能。
割とすんなりできましたが、真似する場合はあくまでも自己責任で…。


StrelitziaRT022.jpg

可動を遮るスカートがなくなるとこんなことも。
心ゆくまでおみ足を堪能できます。


StrelitziaRT005.jpg

腿ロールがないのでしゃがませるのはこれが限界。
…でもディテール部分がお尻側に来てこれはこれで!


StrelitziaRT024.jpg

肩アーマーも含めて外すとこんな感じに。
どこがどう可動するかわかりやすくなっていると思います。
股関節は二重BJという中々に凝った構造なんですが、外装部分が干渉しやすくて恩恵を感じにくいのが本当に惜しい…。


StrelitziaRT007.jpg

V字。


StrelitziaRT006.jpg

M字。


StrelitziaRT023.jpg

上半身のボリュームがより強調されるという意味でもイイですね。


というわけで、趣味全開なストレリチアのレビューでした。
そもそもの原作やロボデザイン的に人を選ぶところもありますが、独自の魅力がうまく再現されたアイテムです。
造形・表情ともに非常にいい仕事をしていて、パイロットであるピスティル(ゼロツー)の延長であるという設定が商品側にもしっかりと噛み合っているのを感じます。
抵抗がない人には全力でオススメしたい一体。結構安めですし。

フランクスからは来月にデルフィニウムが一般で、プレバンではストレリチア・XX(キス)が受注受付中。
ピスティルの面々はフィギュアーツでゼロツーが発売中で、プレバンではイチゴが受注受付中です。
さすがにこれ以上の展開は厳しい…かな?できればジェニスタだけでも欲しい

ただでさえニッチなジャンルではあるので、この出来のストレリチアを出してくれただけでもありがとうございますという気持ちですよ!
今後はグッスマのモデロイドも控えてたりするのでそっちも楽しみです。


※商品についてご質問や気になる点などありましたらコメント欄にてどうぞ。
答えられる範囲でお答えします。



     

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふらっと

Author:ふらっと
玩具やらゲームやらアニメやら、広く浅くを地で行くヌルヲタです。
推しジャンルはSDガンダムと女性型ロボ。
その場その場の勢いだけで記事を書いております。
たまーにニコ動で動画投稿なんかも。
http://www.nicovideo.jp/user/981172

リンクフリーですのでお気軽にどうぞ。
ただし記事や画像の無断転載はご遠慮ください。
※サブカル格納庫。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
フリーエリア
カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR